Share Button

1点を追う埼玉西武は8回、驚異の防御率0.67を誇る五十嵐を相手に、無死一、二塁­の好機を作る。ここで満を持して打席に入るのは埼玉西武の四番・中村。追い込まれてか­ら五十嵐の直球を右中間へと弾き返すと、これが外野を割って長打となった。値千金の2­点適時二塁打で、埼玉西武が終盤で逆転に成功した。 (9月7日 ソフトバンク-埼玉西武)

Share Button

Vidéos similaires:

  • No Related Posts