Share Button

オリックスが投手戦を制し、連敗を4でストップ。試合はオリックスのディクソン、日本­ハム・浦野の両先発が好投を披露し、両チームとも無得点のまま試合は終盤へ。そんな中­、オリックスは8回に2死満塁の好機を作ると、代打の駿太が走者一掃のタイムリー三塁­打を放ち、3点を勝ち越し。最後は守護神・平野が試合を締め、接戦をものにした。(9­月6日 オリックス-日本ハム 試合ハイライト)

Share Button

Vidéos similaires:

  • No Related Posts