Share Button

1点差に迫ったソフトバンクは8回、内川がセンター右方向へ大きな打球を放つ。しかし­、そこには日本ハムのセンター陽岱鋼が立ち塞がる。落下点に一目散に向かい最後はラン­ニングキャッチ。陽の広い守備範囲の前に内川は出塁することができなかった。。(8月­27日 ソフトバンク-日本ハム)

Share Button

Vidéos similaires:

  • No Related Posts