Share Button

大谷のタイムリーにより同点においつかれたオリックス。しかし、8回、一死一、二塁の­チャンスでT-岡田がライト前へのタイムリーヒット。猛打賞達成となる一打で勝ち越し­点を奪った。 (7月22日 オリックス-日本ハム)

Share Button

Vidéos similaires:

  • No Related Posts